改めてZARのスワップを確認してみた

記事上リンク広告

SBI FXトレードのスワップ

11月第二週のZARレポートです。 今週は、長らくZARチャートに君臨していた絶対8円台いかせないマンがついに突破され、一時的に8円台に復帰しました。 そう、一時的に。 8円台を若干キープしてはいましたが、金曜日には下降をはじめ7.95円ほどで今週を終えました。

こちらの記事で、SBI FXトレードのスワップに違和感、というか減ってるんじゃ?と感じた訳ですが、改めて公式ページのスワップ履歴にて確認してみたところ、やっぱり今月は減ってました。

1万通貨の1日分で考えると、先月はずっと13円~14円だったのが今月に入ってからは10~12円となっており、13円の日は未だ無しです。
と言っても、スワップ金額が変動するのは珍しい事では無いみたいで、9月は大半が12円だったりします。

珍しくない事というのは分かりましたが、それでも口座のほうは予定通りマネーパートナーズnanoに変えようと思います。

理由としては、一週間の取得スワップ金額が多くなってきた事により、毎週購入量が100ZARを超えた事です。

SBI FXトレードの最大の特徴は1通貨単位で購入できる事で、そのかわりスワップの金額については一歩劣ります。

マネーパートナーズnanoは100通貨単位での購入(それでも少ないほうですね)にはなってしまいますが、スワップ金額は上昇します。
具体的には、15円くらい貰えるみたいですね。

SBI FXトレードの12円とマネーパートナーズnanoの15円、たった3円の差かもしれませんが、割合でいえば125%、25%増しですから決して小さくありません。

そして口座を変えるタイミングで、投資ルールのほうも少し変えようかと思います。

いままではレバレッジ2倍目安で2.5倍になったら要注意、といった感じでやっていましたが、もう少しリスクをとって、2.5倍で購入、3倍になったら危険水域という意識ですね。

具体的に7円台の時には

(7円+1円)÷2=4円

という計算で4円で1ZAR購入だったのを

(7円+1円)÷2.5=3.2円

で、1ZARが3.2円になります。

1万円入金時の事を考えると、変更前は2,500ZAR購入だったものが3,125ZARとなります。
マネーパートナーズnanoは100通貨単位の購入なので、実際は3,100ZARですね。

リスクをとって、なんて書きましたが、要は利回りをもうちょい上げたいだけですねw

ブログ村
スポンサーリンク
記事下336-280広告
記事下336-280広告
スポンサーリンク
記事下336-280広告