[長期積立]楽天証券 つみたてNISA投資結果(2019年12月分更新)これで今年のつみたてNISAは終了です

記事上リンク広告

楽天証券でつみたてNISA

以前は1銘柄につき100円づつ毎日買付をすることで、3%の楽天ポイントを貰いながら投資する事が出来ていた訳ですが、規約が改正されそれは不可能となりました

なので現在は1%のポイントが貰えるカード決済に切り替えており、月1回の買付となっています。

つみたてNISA投資結果(2019年12月分更新)

ファンド名 投資金額 評価額 損益 騰落率(%)
楽天全米株式
インデックス
52,900 57,025 4,125 7.79
eMAXIS Slim
米国株式S&P500
52,900 57,202 4,302 8.13
iFree S&P500
インデックス
52,900 57,205 4,305 8.13
楽天全世界株式
インデックス
52,900 56,460 3,560 6.72
eMAXIS Slim
全世界(除く日本)
52,900 56,381 3,481 6.58
eMAXIS Slim
先進国株式
52,900 56,670 3,770 7.12
ニッセイ外国株式
インデックス
52,900 56,714 3,814 7.20
SBI新興国株式
(雪だるま)
29,700 30,784 1,084 3.64
合計 400,000 428,441 28,441 7.11

今月の一言

つみたてNISAの12月の買付が行われ、これで無事(?)2019年分の積立が終了となりました。

投資結果のほうですが、投資銘柄全体で見ると先月の7.63%から7.11%へと若干のマイナスとなっていて、個別で見ても雪だるま新興国がマイナス1.5%の他、それぞれの銘柄が微減となっていますね。

先月からマイナスになったといっても微妙な数値ですし、7%プラスは立派な数字でしょう。

なんせ、利回り5%をキープできれば20年後には(計算が間違ってなければ)2.5倍、つまり40万がちょうど100万になる計算であり、そして、つみたてNISAの投資期間は20年間、つまりちょっと前に流行った、老後の2,000万円問題が解決できる、という訳です。 やったぜ。

まー勿論そんな旨い話が20年間、つみたてNISAの仕様を考えると40年間、ずっと続くと考えるのは楽天的すぎるのですが、年利5%というのはひとつの目安になるとは思います。

ブログ村
スポンサーリンク
記事下336-280広告
記事下336-280広告
スポンサーリンク
記事下336-280広告