ウェルスナビWealthNavi運用レポート(2018年04月最終結果)

記事上リンク広告

2018年04月運用レポート

円(¥)
銘柄 2018年 購入価格 2018年 損益
4月2日 4月26日 4月第二週 4月第三週 4月最終週 対購入価格 対先週
米国株 VTI 98,514 14,972 113,486 102,887 103,565 119,991 6,505 16,426
日欧株 VEA 101,667 4,917 106,584 105,835 106,571 113,115 6,531 6,544
新興国株 VWO 39,198 4,983 44,181 40,374 39,717 45,000 819 5,283
米国債券 AGG 11,332 11,332 11,457 11,405 11,568 236 163
GLD 26,909 26,909 27,175 27,250 27,315 406 65
不動産 IYR 15,795 15,795 15,922 15,909 16,371 576 462
現金 6,585 -4,872 1,713 6,585 6,585 1,713 0 -4,872
合計 300,000 20,000 320,000 310,235 311,002 335,073 15,073 24,071
うち自己資金 300,000 20,000 320,000 (+3.41%) (+3.67%) (+4.71%) 購入有
ドル($)
銘柄 2018年 購入価格 2018年 損益
4月2日 4月26日 4月第二週 4月第三週 4月最終週 対購入価格 対先週
米国株 VTI 929.46 136.99 1,066.45 958.79 962.50 1,097.92 31.47 135.42
日欧株 VEA 959.21 44.99 1,004.20 986.26 990.44 1,035.00 30.80 44.56
新興国株 VWO 369.82 45.59 415.41 376.24 369.12 411.75 -3.66 42.63
米国債券 AGG 106.91 106.91 106.77 106.00 105.85 -1.06 -0.15
GLD 253.88 253.88 253.24 253.26 249.94 -3.94 -3.32
不動産 IYR 149.02 149.02 148.38 147.86 149.80 0.78 1.94
現金 61.36 -45.69 15.67 61.36 61.19 15.67 0.00 -45.52
合計 2,829.66 181.88 3,011.54 2,891.04 2,890.37 3,065.93 54.39 175.56
うち自己資金 2,829.66 181.88 3,011.54 (+2.17%) (+2.15%) (+1.81%) 購入有
※ドル建てなので、売買が無くても『現金』欄は多少の変動あり

基本的に運用レポートは、週単位でまとめていこうと思いますので、ちょっと早いですが今回が4月の最終結果の報告となります。

26日に、初となる追加投資2万円を振込、自動積立設定でないため即日、というかその日の夜ですね、無事に追加購入されました。

自動積立設定は便利だと思うんですが、いろいろ都合があるのでしょうか、謎の数日の空白期間があので、手動で振込ました。 住信SBIの口座作ってあったので、手数料無料でしたし。

追加で購入されたのは、VTI・VEA・VWOが1口ずつで、プールされていた現金も使ったとはいえ、1回に3銘柄購入されました。

ここまで手数料1.08%について考えてきた訳ですが、最後に一番肝心な、手数料が高いなら自分で全部やれば良いんでは?っていうお話です。 当たり前ですけど、ウェルスナビを使うことで手数料が発生する訳で、それが嫌なら自分でやらなきゃって事で、その場合のコストを調べてみることにします。

↑の記事で、ウェルスナビを使う場合と自分で購入した場合との、手数料の比較をしたんですが、1回の追加投資で2~3銘柄購入される事を考えると、だいぶ結果が変わってきますね。

『購入手数料無料』という事を考えると、少額で複数の銘柄を細かく投資するほど、ウェルスナビ有利といったところでしょうか。

さて、実際の各ETFの状態ですが、ドル建てで見ますと、相変わらずVTI・VEA以外がイマイチといったところでしょうか。 といっても、若干下がってる程度ですが。

円建てのほうは、円安の影響を受けてプラス傾向。 円安と言いましたがもちろん『購入時より』という訳で、現在ドル/円が109円、これが長い目で見てどうなのか。
ドル円は110円が平均値なんて話をどこかで見ましたけども、実際これからどうなるかは分かりませんからねー。

言えることは、何事も若干上がりつつ長期的に安定してくれるのが1番という事。
ですが最近ちらほらと、『世界的に景気が良いのもそろそろ終わる』、とか『株が下がるぞー』なんて記事が出始めてるのが気がかりですね。

ブログ村
スポンサーリンク
記事下336-280広告
記事下336-280広告
スポンサーリンク
記事下336-280広告