ウェルスナビWealthNavi運用レポート(2018年07月第三週)

記事上リンク広告

2018年07月第三週運用レポート

円(¥)
銘柄 購入価格 2018年 損益
4月最終週 5月最終週 6月最終週 7月第二週 7月第三週 対購入価格 対先週
米国株 VTI 114,066 119,991 122,996 124,387 130,703 130,073 16,007 -630
日欧株 VEA 123,946 113,115 112,372 118,747 129,609 129,336 5,390 -273
新興国株 VWO 56,739 45,000 44,454 51,396 55,957 55,777 -962 -180
米国債券 AGG 18,283 11,568 11,604 11,771 19,069 18,915 632 -154
GLD 30,417 27,315 26,946 26,273 29,977 29,538 -879 -439
米国不動産 IYR 16,480 16,371 16,866 17,843 18,982 18,629 2,149 -353
合計 359,931 333,360 335,238 350,417 384,297 382,268 22,337 -2,029
(+5.23%) (+4.08%) (+7.05%) (+6.48%)
ドル($)
銘柄 購入価格 2018年 損益
4月最終週 5月最終週 6月最終週 7月第二週 7月第三週 対購入価格 対先週
米国株 VTI 1,071.69 1,097.92 1,124.80 1,123.44 1,162.95 1,164.07 92.38 1.12
日欧株 VEA 1,162.79 1,035.00 1,027.64 1,072.50 1,153.21 1,157.48 -5.31 4.27
新興国株 VWO 530.56 411.75 406.53 464.20 497.89 499.17 -31.39 1.28
米国債券 AGG 169.79 105.85 106.12 106.32 169.67 169.28 -0.51 -0.39
GLD 285.61 249.94 246.42 237.30 266.73 264.35 -21.26 -2.38
米国不動産 IYR 155.21 149.80 154.24 161.16 168.90 166.72 11.51 -2.18
合計 3,375.65 3,050.26 3,065.75 3,164.92 3,419.35 3,421.07 45.42 1.72
(+2.26%) (+0.02%) (+1.56%) (+1.61%)

今回は、円建ては対先週で全てマイナス、ドル建ては全体で微増と、対照的な結果となってますね。 やはり、為替の影響って大きいですね。

ウェルスナビは海外のETFを買ってるので、積み立てるときはできるだけ円高・解約時はできるだけ円安、というのが理想かと思います。
でも、円安円高って言われても、結局いくらが基準なの?って話なんですが、これは概ね110円だそうです(いまネットで調べましたw)。
自分がウェルスナビを始めた4月頃は105~106円だったので、悪くない時期でしたね。

まあ結局のところ、為替が直接的に影響するのは解約する時で、毎月積み立ててる以上その間はどうしようもないので、円建てのプラスマイナスは置いておいて、ドル建ての数値を見るのが良いんでしょうね。

そのドル建てですが、改めて見るとアメリカの好調っぷりが目立ちます。 上昇率でいうと、VTIが約8%、IYRが約7%です。

いまが山の頂上なのか、まだまだ上昇途中なのか、それは数年・数十年経ってみないと分からない訳ですが、現在アメリカ経済が好調なのは間違いなさそうです。

ウェルスナビのサイトを見ると、『手数料1%(年率)』(以下(年率)省略)が特徴の1つとして記載されていますが、実際この手数料は高いのか、それとも安いのか考えてみたいと思います。
ここまで手数料1.08%について考えてきた訳ですが、最後に一番肝心な、手数料が高いなら自分で全部やれば良いんでは?っていうお話です。 当たり前ですけど、ウェルスナビを使うことで手数料が発生する訳で、それが嫌なら自分でやらなきゃって事で、その場合のコストを調べてみることにします。

ブログ村
スポンサーリンク
記事下336-280広告
記事下336-280広告
スポンサーリンク
記事下336-280広告